遺伝子検査で何がわかる?遺伝子検査について詳しく解説!

遺伝子検査の費用

遺伝子検査の費用は検査項目の数や、どこでどのように行うかによって異なります。

 

そのため自分がどんな情報をもとめて遺伝子検査をしたいのかをまず考えておくことが大切です。

 

医療機関で遺伝性疾患を調べる場合には、まず医師によるカウンセリングを行います。

 

健康保険が認められている遺伝学的検査を実施する場合には、遺伝カウンセリングも含めて初回は保険診療です。

 

遺伝子の研究機関に研究データとして情報を提供できる場合には、無料で遺伝子検査を引き受けてくれる場所もあるので探してみるのも良いでしょう。

 

医療機関で受けられる検査は保険適用がされる病名とそうでない病気では費用に差がでてくるので、一概にはまとめられません。

 

また委託検査の形になると国内の研究室や、海外でしか検査が出来ないようなものまで幅広くありその場合には自費での検査になります。

 

費用は2〜3万円から10万円以上かかることもあるので、カウンセリングで自費での検査になるのか、自費の場合にはいくらかかるのか医師に聞いておくと安心です。

 

事前に調べたい検査項目をみつけておくと、費用を調べるときにも役立ちます。

 

がん遺伝子検査の場合には、50万円ほどかかるケースもあるので予算を立てておくのも大切です。

 

一番気軽に行えるのは、インターネットの大手通販サイトなどでも購入できる遺伝子検査キットです。

 

1項目から検査ができるものもあるほか、人目をあまり気にせずに行えるというメリットがあります。

 

病気のなりやすさや肌質、太りやすさなどを調べるものでは1項目円2,500円で行えるものもあります。

 

検査料金の他にキットの本体代がかかる点には注意して下さい。

 

自分の調べたい検査が1つだけの場合には1つから調べることが出来るものが費用を抑えられますが、高血圧症や脂質異常症など肥満遺伝子に特化したものなど、複数の項目を検査内容ごとにまとめたセットも販売されていますのでより詳しく調べたい方はこちらがおすすめです。

 

費用は肥満検査で4,000円ほどからあり、子供の能力を調べるタイプのものでは7万円代のものまであります。

 

遺伝子検査キットはネット上で情報がみられるものや、紙でデータをもらえるものなど種類も様々です。

 

費用も大切ですが検査データにたいする信ぴょう性も会社ごとに異なってきますので、信頼できる会社に依頼することが結果としてコストを抑えることが出来ます。

 

メリットもデメリットもある検査ですので、心配な方は費用も含めて医師などに相談してから行うものおすすめです。

page top