遺伝子検査キットで何がわかるのか?遺伝子検査キットについて詳しく解説しています

遺伝子検査のルーツは?

遺伝子には、その人の祖先についての情報が刻み込まれています。

 

遺伝子からは、祖先の特徴はもちろんのこと、あなたの「体質」に関する遺伝的傾向を知ることができるのです。

 

遺伝子検査とは、DNAの情報を読み取り、ガンなどの病気のリスクや体質などという遺伝的傾向を知ることに用いられてきました。

 

検査の結果を知ることが、あなたの生活習慣病の改善に取り組むきっかけとなり、かかりやすい病気を未然に防ぐよう自らの行動を変えることができます。

 

病気にもよりますが、病気の発症には、遺伝子要因が約30%で生活習慣病などの環境による要因が約70%影響していると言われています。

 

環境要因に含まれる生活環境を変えることにより発症のリスクを軽減することはできるのです。

 

遺伝子検査は、定期的に健康診断で健康状態をチェックする意識づけにもなるのです。

 

2003年に人のヒトゲノムの全てを解読できるようになったことが、ゲノム情報を人々の幸福につなげていくことのルーツになりました。

 

遺伝子検査は、あなたに送付される遺伝子検査キットを用いて、唾液と検査の同意書を送ることによって実施されます。

 

中身の確認と匿名化を実施した後で登録が行われるのです。

 

可能な限り自動化されているので、人為的ミスが発生しないような設計がなされています。

 

さらにラボラトリー管理システムを導入することで、匿名化された試料の検査状況を常に管理できるようなシステムがつくられているのです。

 

遺伝子対象にした検査が身近になりつつあることで、遺伝情報の差の積み重ねから病気のなりやすさや体質を推定できるようになります。

 

このことによって、特にガンを含めた多くの分野で応用ができるようになったのです。

 

かかりやすい病気の体質を変えるといったことも可能になるのです。

 

たゆまない磨き抜かれた技術、原点であるルーツには日本の研究機関が長年にわたって病気との関係を研究してヒトゲノムの解読を完成させたということがあります。

 

遺伝子を解読する精度を高めていったからと言えるのです。

 

精度で重要なのは、ゲノムがどのような塩基でできているかと読んだゲノムから病気になりやすい体質を推定する精度になります。

 

この精度を高めていくことで遺伝子検査を各種の分野に応用していくことが可能になったのです。

 

あなたの遺伝子が、どのような病気になりやすいかを特定することで病気にならないような生活習慣を取ることが可能になり、病気の発症を防ぐことにつながります。

page top