遺伝子検査キットで何がわかるのか?遺伝子検査キットについて詳しく解説しています

遺伝子検査キットの種類

一言に遺伝子検査キットと言っても、その種類は多種多様です。

 

それは、遺伝子検査キットごとに分析できる遺伝子の情報が異なるためです。

 

つまり、あるキットは病気のなりやすさを診断できるのに対し、別のキットでは体質や性格が分かるなど、キットごとに売りとなる要素が異なっているのです。

 

複数の遺伝子情報が分かるグレードの高いキットも発売されていますが、その分だけ値段は高くなる傾向にあります。

 

さらに、現時点でも複数の検査会社があり、それぞれが異なるキットを販売しているということも、遺伝子検査キットの種類の多さに拍車をかけています。

 

そのうえ、上述のようなグレード分けや検査結果に対するアドバイスや追加料金を支払うことで生じる追加サービスなどもあり、その選択肢は膨大な数となるわけです。

 

ただし、キットの基本的な仕組みは、自分の唾液や血液など、身体の一部を専用の容器に入れてメーカーに送り、解析された遺伝子情報を確認するという点で共通しています。

 

様々な種類のある遺伝子検査キットの中から自分に適したものを選び出すためには、まず遺伝子検査で何を知りたいのかを決めておくことが重要となります。

 

現在の遺伝子検査で判明されるものとしては、前述のように遺伝的にどの病気になりやすいかということや、太りやすさや毛髪などの体質、さらに運動能力や記憶力などの身体的能力、それだけでなく遺伝的ルーツなども挙げることができます。

 

まずは、このような自分が調べたい分野を定め、そこから最も適したキットを探し出すようにした方が効率的です。

 

キットの価格についても、やはり知りたい情報から選ぶべきであると言えます。

 

基本的には高いほど多くの情報が得られるようになっていますが、遺伝的な病気の情報が知りたいのに、遺伝的ルーツが分かっても、それはおまけに過ぎません。
高い分だけ様々な情報が分かると言っても、本当に自分の知りたい情報の量が少なくなっているというのであれば、やはり自分の知りたい情報について詳細に検査できるキットを購入した方が良いでしょう。

 

もっとも、2つの異なる知りたい分野があり、それぞれ別のキットを購入すると、その両方が分かるキット1つを購入するよりも高くなるという場合であれば、やはり両方が分かるキットを購入した方が得策であると言えます。

 

さらに検査会社の信頼性も重要です。

 

なぜならば、遺伝子の情報というものは、変えることのできない個人情報であるだけに、その情報の流出には警戒する必要があるためです。

 

そのため、事前の情報収集は綿密に行い、信頼できる検査会社の遺伝子検査キットを購入することが推奨されます。"

page top