遺伝子検査で何がわかる?遺伝子検査について詳しく解説!

遺伝子検査の方法

遺伝子を診断する方法は遺伝子検査キットを使用する事で自宅などでも可能となりましたが、どのような方法で行うのかを確認しておきましょう。

 

まず遺伝子検査キットは様々な会社から販売されており、ネット通販などでも気軽に購入可能です。

 

検査キットの場合の検査方法は、唾液を採取する方法が主流となっています。

 

おおむねそのキットに応じて専用の唾液摂取容器などが付属していますので、説明書に基づいて採取していきます。

 

採取した唾液は保存液と混ぜて密封した後に、ポスト投函や宅配便発送などの手段で研究室に送るという流れです。

 

その会社やサービスのシステムにもよりますが、検査を行う前に同意書の確認をして同封して送る事もあるようです。

 

唾液採取の場合の注意点としては、採取する前に飲食を控える事が挙げられます。

 

主に30分前くらいからは飲食物を避けるようにし、必要な場合は水だけにするなどの注意点があります。

 

また口紅を付ける事や、リップクリームなどの口周辺に影響を与えるような物は控える事が望ましいでしょう。

 

遺伝子検査キットを使用した検査方法としてもう1つ一般的な物が、頬の内側の細胞を採取するという方法があります。

 

これは肌質の検査や肥満遺伝子の検査で行われる事が多く、口の中に綿棒やブラシなどを入れて内側の細胞のサンプルをとる方法です。

 

唾液採取の場合と同様に、郵送やその他の方法で会社に発送するという形になります。

 

このように遺伝子検査キットを使う場合は、自宅でも簡単に手間がかからずに実行できるのが大きなメリットです。

 

遺伝子検査の利用者が増加した背景には、検査技術発展にともなった費用の削減が挙げられます。

 

2000年代に入ってから急速に伸びを見せている市場で、キットを使う事で医療機関などを訪れなくても利用できるようになりました。

 

本格的に医療面に活用する場合の検査方法としては、血液を採取する方法を始めとして、皮膚や毛髪を採取して検査や鑑定を行なっています。

 

遺伝子検査によって分かる事は、様々な物がありますが、ガンなどの病気へのリスクを判断できる事が代表的な物です。

 

遺伝子から見えてくるリスクを管理する事で、それぞれの個性や体質に適した予防策へと繋がっていきます。

 

また遺伝子検査によって肥満傾向や肌の状態を判断する事も可能となっており、適した化粧品選びに活用したり、個人の体質に合わせて食事を改善するなどのダイエット法としても注目されています。

page top