遺伝子検査キットで何がわかるのか?遺伝子検査キットについて詳しく解説しています

遺伝子検査の信憑性は?

DNAを調べることで将来患ってしまう可能性がある病気や、現在の健康状態を把握するのに役立つ遺伝子検査。

 

最近では民間の企業でも低価格で遺伝子検査を実施しており、郵便による郵送手続きによる手軽さと自宅にいながら検査内容を確認出来るという利便性もあって、年々利用者の数も増してきて注目されています。

 

病院に行かなくても遺伝的にどのような体質なのかといったことや将来的にどのような病気に患ってしまう可能性があるのかといったことが調べられます。

 

この検査で発症するリスクがある病気が判明した場合でも、その病気に対する対策を考えられたり知識を身に付けることができます。

 

これによって普段の生活習慣の見直しや改善に繋がり、もしもの事態が発生してしまった場合に備えて準備が出来るメリットがあります。

 

その他にも、現在加入されている生命保険の見直しも出来るので最悪の事態が起きてもそれに対しての備えが可能です。

 

人間ドックよりもさらに一歩進んで身体の状況を把握出来る遺伝子検査ですが、この検査で知ることが出来るのは胃がんや肺がん、大腸がんといったがん全般のことや糖尿病や高血圧、心臓疾患といった生活習慣の乱れから発症する生活習慣病などを患うリスクなどです。

 

他にも寿命や肥満、肌質などを知ることが出来ます。

 

検査も自宅にいながら可能で、遺伝子検査企業から自宅に郵送される遺伝子検査キットに、自分の唾液を少量入れてポストに投函するだけで完了し検査結果は約1ヶ月後ぐらいに判明します。

 

原因が究明されている病気に対しては予防方法や対策も教えてくれますし、無料の電話相談も行っているそうなのでサポートも充実しています。

 

しかし、民間企業の検査にはズレがあり企業によっては検査結果が異なる場合があるそうで、あくまで自分と同じ遺伝子を持つ集団の傾向であって個人の検査結果とはまた違うそうです。

 

こういった民間企業が行っているSNP解析と呼ばれるものは、医療機関で行われている遺伝子検査とはまったく別物でSNP解析は簡易的にDNAを検査するものです。

 

民間企業の検査はあくまで目安や指針といったものとして捉えておいたほうが良いでしょう。

 

ですが、生活習慣の見直しになり医療機関での検査を受けるモチベーションを上げたり普段の食生活の改善にも繋がります。

 

受けておいてもまったく意味が無いということはありません。

 

あくまで目安として日々の生活や将来への備えとして役立てるのが良いでしょう。

page top