遺伝子検査キットで何がわかるのか?遺伝子検査キットについて詳しく解説しています

ペット用の遺伝子検査キット

病気の早期発見につながると注目されている遺伝子検査ですが、遺伝子検査キットにはペット用のものもあります。

 

遺伝子検査キットはインターネット等でも販売されているので、手軽に遺伝子検査を行うことができます。

 

わざわざ病院に行って検査を受ける必要はありません。

 

犬や猫などペットを飼っているご家庭も多いと思いますが、ペットの健康は飼い主にとって大きな願いです。

 

人間よりも寿命が短いペットに、一日でも長生きしてもらいたいと思っている飼い主が大半ではないでしょうか。

 

遺伝子検査を行うことで、ペットの健康管理に役立てることができます。

 

遺伝子には様々な情報が含まれているので、その子の個性を把握しやすくなります。

 

特定の遺伝子が原因で発症する病気も多く、病気のなりやすさが分かるからです。

 

今までは、健康管理というと犬種や猫種など種類に応じて判断されることが多くありました。

 

しかし、同じ犬種や猫種であっても、その子によって特徴は異なります。種の特徴とは違うと感じる飼い主の方も多くいます。

 

愛犬や愛猫の個性を知るためにも、遺伝子検査キットは役立ちます。

 

遺伝子検査には最新のテクノロジーが使われており、日々技術は進化しています。

 

それに伴って遺伝子情報を解析すれば、分かることが多くあります。

 

例えば遺伝性疾患は、遺伝子に変異が起きることが発症する病気とされています。

 

純血種などが限られた地域で同じ品種の交配が繰り返されると、近親交配が進むので変異した遺伝子が固定されてしまいます。

 

それが、その種類に発症しやすい遺伝子疾患となるのです。

 

遺伝子の変異は親から子、子から孫へと伝わって行きます。

 

検査は科学的根拠に基づいて行われているので、信頼性の高い情報を得ることができます。

 

勿論、病気になるかどうかは遺伝子情報だけでは決まりません。

 

病気になりやすい遺伝子を持っていても、必ず発病するわけではないのです。

 

食生活や運動習慣など生活習慣も大きな影響を及ぼします。

 

栄養バランスの良い食生活を送り、適度な運動をしていれば病気にかかるリスクは減らすことができます。

 

ただし、遺伝的にかかりやすい病気の傾向が予め分かっていれば、それを生活環境の改善に取り入れることも可能です。

 

遺伝子検査のサービスでは、ただ結果を伝えるだけではなく今後どのような生活を送ればいいかが記載されていることが多くあります。

 

獣医師による病気の予防方法などを伝えてもらえるので、具体的な生活習慣の改善点が良く分かります。

page top