遺伝子検査で何がわかる?遺伝子検査について詳しく解説!

ペット用遺伝子検査について

全ての生き物は親より上の世代から少しずつ遺伝子を受け継いで、現在の姿になっています。

 

それは染色体の中に含まれるDNAに刻まれた情報を元にしていて、遺伝子検査で詳しいことがわかります。

 

そして現代では人だけでなく、犬・猫のペット用遺伝子検査キットを使用して実施できるようになっています。

 

ペットは人と違って体毛があり、その質は遺伝子情報が元です。

 

さらに体質も大きく異なり、なりやすい病気も違います。

 

また人との違いは、生まれてから成長するまでに受ける検査の数にもあります。

 

ペットの場合はあくまでも最低限の内容で、その他は飼い主の判断に任せられています。

 

それを遺伝子検査で補うと、フードの改善による健康維持や、病気の予防といったことが可能になります。

 

そしてペットの遺伝子検査で判明する大きな要素には、遺伝子異常の有無が挙げられます。

 

これはペットの子どもの世代にも影響する可能性があるため、個体だけの問題には留まりません。

 

したがって遺伝子情報に関する内容が、血統書のような役割を持つ場合もあります。

 

そのため検査証明書の発行も遺伝子検査を依頼する理由になり得ます。

 

また遺伝子は性格にも影響することがあるので、意思疎通のツールとしても活用できます。

 

現段階ではペットが何を考えているかを判断するためには、行動の中に含まれているヒントを頼りにするしかありません。

 

そこに遺伝子検査を取り入れると、より詳しいことがわかる可能性があります。

 

そしてペット用の遺伝子検査キットもいくつかの会社から販売されていて、特に難しい手順が必要なくても様々な情報を入手できます。

 

検査の方法は人と同じように口の中の粘膜を採取して送付する形もあれば、申し込み時に伝えた住所までスタッフが作業をするためにやって来るなど様々です。
そして結果が出るまでの期間には多少の差がありますが、大体が1ヶ月以内に届きます。

 

人の健康診断結果のように郵送されたり、WEBページですぐに見られるなど様々です。

 

また検査を実施する会社が違えば、検査で判明する内容にも違いが出てきます。

 

正しい検査を行なうのであれば基本的な性質は共通しているはずですが、特に項目の種類や数に違いが表れがちです。

 

犬は犬種でも特に掛かりやすい病気に違いがあり、それを個体差で判断できる点が検査の強みでもあります。

 

そのため受ける際には、ひと通りの選択肢を用意してから、必要に応じて絞り込んでいくと良いでしょう。

page top