遺伝子検査で何がわかる?遺伝子検査について詳しく解説!

遺伝子検査の方法の比較

遺伝子検査の方法は大きくわけて医療機関などで医師の指導のもとに行うか、自分で遺伝子検査キットを購入するかのふたつがあります。

 

医療機関で行うもののメリットとしては保険適用がされる項目があるため、費用を抑えられることと比較的高い信ぴょう性の高い検査を受けられることです。

 

デメリットは保険適用がされない検査項目に対しては費用が高くつき、症例がすくない病気などを調べる場合には海外への依頼になることもあるので順番待ちになり結果が出るまでに時間がかかるケースもある点です。

 

遺伝子研究を行っている研究機関などにデータを渡すことを条件に、無料で検査を行える場合もありますので費用が心配な方は医師に相談してみるのもおすすめです。

 

検査項目にもよりますが数万円からしらべられるものから、がんリスクなどについては数十万円までかかるものもあります。

 

病院で検査を行う場合には、まず無料のカウンセリングが行われます。遺伝子検査のメリットデメリットについて理解したうえで、納得して検査を行いたい場合にはまずカウンセリングだけでも受けておくと安心です。

 

人目を気にせず気軽に行いたいと思っているのなら、遺伝子検査キットを使う方法もあります。メリットとしては検査結果をインターネット上や紙媒体で見ることが出来るので、病院にまでわざわざ出向かなくても良い点です。

 

調べたい項目を他人に知られずに調べることもできるので、プライバシーが気になる方にも向いた方法と言えるでしょう。費用は遺伝子検査キットを提供している会社や、検査項目数によって異なります。

 

1項目から調べられるものもありますが、肥満リスクキットなどリスクをまとめて検査できるものもありそちらの方がお得に検査が出来ることが多いです。

 

デメリットとしては結果はデータとして与えられるだけなので、質問したい項目があった場合でも自分で判断を行わなければならない点です。

 

医療機関で調べた場合には検査結果のもと医師の判断を受けることができますが、遺伝子検査キットで調べた結果病院にいかなけれならなくなるという二度手間になってしまう可能性も出てきます。

 

気軽に行える分簡単ではありますが、自分に必要な検査項目や信ぴょう性が高い遺伝子検査キットを自分の判断で選び取らなければならないのは難しい点とも言えるでしょう。

 

忙しい方や比較的健康な方にはおすすめできますが、気になる症状がある方や家系的に気になる疾患がある場合には医師に相談する方が安心です。

page top