遺伝子検査で何がわかる?遺伝子検査について詳しく解説!

難病と遺伝子検査の関係

一般に難病とされている疾患は、大別するに2種類が存在しています。

 

1つは原因がそもそも不明であり、治療する手段が対症療法によるアプローチしか無いケースです。

 

そしてもう1つは、原因がわかっているが現代の医療では根治させるための治療アプローチが行えない場合です。

 

特に後者は深刻であり、原因遺伝子がわかっていながら治療する手立てが外科切除のみ、という悪性腫瘍も存在します。遺伝子に切り込んで根治させる治療法は未だに実用化されていないのです。

 

では、そんな治療する手立ての少ない難病のための遺伝子検査をなぜ行わなければならないかというと、今は大丈夫でも将来的に病気が発症することを考えた善後策を打つためです。

 

例えば、将来心臓が悪くなることが疾患遺伝子からわかっているのであれば、今から心臓に対するケアを始めて発症を先延ばしにできないか、という模索に挑むことができます。

 

根治する手段は無かったとしても、対症療法でも早く手を打ったことで、寿命が延びないとも限りません。

 

そういった微かでも大切な希望の可能性を拾い上げる時間を作ること、それこそが遺伝子検査で必要なことなのです。

 

もしあなたが遺伝性の病気になっていた場合、誰かから遺伝子が引き継がれたことで病気になるのです。

 

もしかしたらその病原因子はあなたの子供にも引き継がれるかもしれません。

 

そうすればあなたの子供も同じ病気を発症する可能性があります。

 

それを早く知って、心を落ち着かせる時間を得ること、それこそ根治する手立てのない難病にできる唯一の備えなのではありませんか。

 

このところ、家庭で採取した細胞をもとに遺伝子解析を行う遺伝子検査キットが登場しています。

 

特に、自分や子供が病気であることを他人に知られたくない、という意識のある方にとっては匿名化されて材料を評価してくれるのは大変大きなメリットなのではないでしょうか。

 

調べたい遺伝子によって結果の送付までに時間や料金が変化する、という差はありますが、頬の内側などから体細胞を採取して送る、というご家庭で行わなくてはならない作業がとても簡便という点は非常に扱い安い点であると言えるでしょう。

 

根治する手立てのない難病だから、と諦めるのではなく、医師のすすめではなく自分の意志で自分の遺伝子の異常を調べることができるような時代になりました。
シンプルな方法で自分や家族の未来に責任を持つのであれば、家族と相談して遺伝子解析を受けてみてはいかがでしょうか。

page top