遺伝子検査で何がわかる?遺伝子検査について詳しく解説!

遺伝子検査キットでの結果

・糖質制限や脂質制限で摂取カロリーを減らしているのになかなか痩せられない
・食事制限をした後に普通の食事に戻すとあっという間にリバウンドして努力が水の泡になってしまう
・頑張ってもなかなか効果や結果に繋がらないのでいつも途中で諦めてしまう
・痩せたいという強い意志を持って行うけどモチベーションを維持し続けることが出来ない

 

など、肥満の悩みを抱えていてダイエットの難しさを感じている方は多いのではないでしょうか。

 

・食べたいものを思いっきり食べることが出来ないことで生じるストレス
・食べないことで体がエネルギー不足や栄養不足に陥り代謝が低下する
・生活リズムや習慣を変えることで物理的にも精神的にも無理が生じる

 

など、ダイエットがなかなか成功しない原因には様々なものがありますが、自分の体に合ったダイエットを実現させることが出来ていないというのもその一つです。

 

そこでおすすめなのが、遺伝子検査で肥満遺伝子を調べるという方法です。

 

遺伝子レベルでダイエットをすれば、自分の体にぴったり合った効率の良いダイエットが可能になります。

 

肥満に繋がる環境要因と遺伝子要因の両方にアプローチすることで、短期間でスピーディーに痩せられます。

 

遺伝子検査というと、医療機関を受診して検査を受けなければならない煩わしくて面倒なものという印象を抱かれがちですが、そんなことはありません。

 

遺伝子検査キットを購入して、口の中の粘膜を採取して検査機関に送るだけでOKです。

 

とても簡単な検査ですので、誰でも気軽に行えます。

 

遺伝子検査キットは、数千円程度で購入することが出来ます。

 

検査結果は、数週間程度で通知されます。

 

自分がどの肥満タイプであるのかが明確になることで、どのようなアプローチをしてダイエットをするのが有効的なのかがわかります。

 

糖質の摂取が肥満に直結するタイプの場合は、砂糖が大量に含まれているスイーツや清涼飲料水を食べるのを控えたり、主食となる炭水化物の量を減らしたりなどの努力が必要です。

 

白米を玄米に変えたり食パンをライ麦パンに変えたりするのも効果的ですし、血糖値が上昇する食後30分のタイミングを狙って運動をしたりするのも有効的です。
脂質の摂取で内臓脂肪が増えやすいタイプの方は油っこい食事を控える必要がありますし、皮下脂肪が蓄積されやすい方は有酸素運動で脂肪を燃焼させる必要があります。

 

今まで痩せられなかった原因が遺伝子的な要因だったということがわかれば、ダイエットに対する意識やモチベーションも向上するでしょう。

page top