遺伝子検査で何がわかる?遺伝子検査について詳しく解説!

DHCの遺伝子検査キットはどう?

健康食品や化粧品で有名なDHCは、遺伝子検査キットも販売しています。

 

遺伝子検査を行うことで、肌質に合ったスキンケア方法や効率的なダイエット方法がわかります。

 

遺伝的なリスクに早くから気付くことで、将来に備えた対策が取れます。

 

遺伝子検査は様々な分野で活用されています。

 

多くの男性がAGAと呼ばれる男性型脱毛症の症状で悩んでいますが、育毛剤を使っても実感がない場合は男性型脱毛症に関わっているAR遺伝子を調べます。

 

生活習慣で脱毛の症状が出ているのか、遺伝的なリスクなのかが検査で判明します。

 

DHCの毛髪対策キットなら、AR遺伝子について自宅で手軽に検査ができます。

 

検査をすると、AGAの発症リスクがわかります。

 

AGAリスクが高めの人は、体質的に男性型脱毛症になりやすいです。

 

できるだけ早く本格的なケアを始める必要があります。

 

男性型脱毛症は進行性の脱毛症なので、AGAリスクが中程度でも早めの対策が必要になります。

 

AGAリスクが低めの人でも、生活習慣を見直すことで男性型脱毛症を防ぐことができます。

 

人間が持っている遺伝子の中で、肥満に影響する遺伝子は50種ほどです。

 

日本人のほとんどが、UCP1遺伝子など3種類の肥満関連遺伝子のどれかに異変があります。

 

肥満関連遺伝子に異常がある割合は、民族によって違いがあります。

 

日本人は肥満関連遺伝子に異変がある人の割合が多いです。

 

戦後は食生活の西洋化により、さらに太りやすくなっています。

 

遺伝的な体質を調べることで、何を食べたら太りやすいのかがわかります。

 

ダイエットをしても痩せない場合は、ダイエット方法が間違っている可能性が出てきます。

 

ヒトの遺伝子は一生変わらないので、早めに肥満関連遺伝子を調べることでダイエットの実践に役立ちます。

 

最近は自宅で検査ができるキットが口コミサイトでも人気を集めています。

 

女性はダイエット対策キットを選ぶ人が多いです。

 

ダイエット対策キットを活用すれば遺伝子型のダイエットタイプに加えて体質に合ったサプリメントや食事、運動について詳しくわかります。

 

検査をすることで、4つの遺伝子型ダイエットタイプが把握できます。

 

りんご型の場合は、甘いものを食べ過ぎると内臓脂肪がつきやすいです。

 

バナナ型は筋肉がつきにくいのが特徴になります。

 

女性は毎日のスキンケアのために様々な化粧品を使っていますが、遺伝子検査を行うと肌質に会った化粧品がすぐにわかります。

 

まだ肌の表面には出ていないトラブルのリスクも知ることができます。

page top