遺伝子検査で何がわかる?遺伝子検査について詳しく解説!

遺伝子検査は病院でできるのか

・今すぐに痩せたいという気持ちが先走り食事制限を頑張り過ぎると必ずリバウンドしてしまう
・炭水化物を抜く糖質制限をしているけどなかなか効果があらわれない
・脂質制限をしたら便秘になってしまい体脂肪率も減らず踏んだり蹴ったりの結果になってしまった
・思うように体重が減らないのでモチベーション維持が難しく途中で挫折してしまう
・体重は減っているのに体脂肪率は減らない
・単純に食べないという食事制限をしていたら肌荒れや体調不良を起こしてしまった

 

など、ダイエットの悩みや葛藤は尽きません。

 

ダイエットによる無理やストレスでドカ食いをしてしまい、大きくリバウンドするという悪循環に陥ることもあります。

 

無理やストレスが生じるダイエットを続けていると、精神面にも肉体面にも負担がかかり健康を害してしまう可能性もありますので、気をつけなければなりません。

 

ダイエットのストレスや悩みや葛藤から解放させたいなら、遺伝子検査を受けてみましょう。

 

遺伝子検査で肥満遺伝子を調べてもらうことで、確実でスムーズで効率的で健康的なダイエットを実現させることが出来ます。

 

太ってしまう原因には、環境要因と遺伝的要因があります。

 

環境要因の方は環境を変えればOKですが、遺伝的要因はどうすることも出来ません。

 

そこで重要になってくるのが、遺伝的要因にアプローチするという方法です。

 

遺伝的要因にアプローチするためには、自分の肥満遺伝子のタイプを明確にさせる必要があります。

 

遺伝子検査を受ければ、それが可能になります。

 

肥満遺伝子のタイプを特定するための遺伝子検査は、病院で受けることも出来ます。

 

病院で受ける場合は、ダイエット外来や肥満外来などの専門的な診療科目が設けられているところを選びましょう。

 

遺伝子検査キットを用いれば、病院に行かなくても自宅で簡単に遺伝子検査をすることが出来ます。

 

インターネットで遺伝子検査キットを入手し、口内粘膜を自分で採取して検査してくれる期間に送ります。

 

数週間後、検査結果が自宅に送られて来ます。

 

肥満遺伝子を知ることが出来れば、自ずと自分の体に合ったダイエット方法がわかるでしょう。

 

糖質が肥満の大敵となるタイプの場合は糖質制限をする必要がありますし、脂質が肥満に直結するタイプの場合は脂質制限をする必要があります。

 

内臓脂肪が溜まりやすい場合は食生活の改善が必須ですし、皮下脂肪が溜まりやすい方は脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動が欠かせません。

 

遺伝子検査キットを用いた方が、病院での検査よりも安く済んで経済的です。

page top