遺伝子検査キットで何がわかるのか?遺伝子検査キットについて詳しく解説しています

遺伝子検査キットとは?

遺伝子検査とは、DNAの情報を解析することで、その人特有の遺伝的な傾向を調べる検査です。

 

そもそも遺伝子とは、DNAに書き込まれている情報のことで、アデニン(A)・グアニン(G)・シトシン(C)・チミン(T)の4つの塩基で構成されています。

 

そして、遺伝子というのは、これら4つの塩基が数珠状につながり合うことで形成されているのですが、人間の遺伝子は約30億もの塩基によって構成されています。
同じ人間であれば、4つの塩基の並び順はほぼ同じなのですが、個人によって僅かな違いがあります。

 

よく遺伝子は身体の設計図であると言われますが、4つの塩基の並び順の違いによって顔や体型、体質などの個性を生み出しているのです。

 

遺伝子検査では、アデニン(A)・グアニン(G)・シトシン(C)・チミン(T)の4つの塩基の並び順を読み取り、様々な研究データと照らし合わせることで、その人特有の傾向を導き出しています。

 

現在、遺伝子検査の技術は一昔前よりも格段に進歩しており、費用も安くなったことから、様々なキットも販売されるようになりました。

 

遺伝子検査キットはネット通販などで購入でき、唾液などを採取して検査機関に送るだけと非常に手軽なので、利用する方が増えています。

遺伝子検査キットでわかること

一口に遺伝子検査キットと言ってもその種類は様々で、検査できる項目はキットによって異なります。

 

しかし、基本的に遺伝子検査キットで調べられる項目は、大きく体質・病気のリスク・素質や才能・自分のルーツの4つに分類できます。

 

体質を調べる検査キットには、太りやすさの指標となる肥満遺伝子を検査するものや、自身の肌の特徴を知ることができる肌質検査、薄毛になるリスクがわかる検査などがあり、体質を検査することで自身が抱える悩みの解決に役立てることが可能です。

 

また、病気のリスクを調べる検査キットでは、生活習慣病やがんなどの発症リスクを知ることができます。

 

生活習慣病やがんの発症には、生活習慣だけでなく遺伝的な要素も大きく関与していると言われているため、遺伝子検査を受けることで発症リスクを知ることができ、発症リスクを軽減するための対策を早期段階で始められるというメリットがあります。

 

素質や才能を調べる遺伝子検査キットは、数は少ないものの、自分の性格やコミュニケーション能力などを知ることができるもので、自己分析に役立ちます。

 

また、自分のルーツを調べる検査キットは、自分の祖先がどこからやってきたのかを知ることができる検査キットで、親子関係を鑑定するものもあります。

 

このように、遺伝子検査キットには様々な種類があるので、自分が知りたい項目が調べられるキットを選ぶ必要があります。

遺伝子検査キットの費用は?

遺伝子検査の費用は、検査機関にかかわらず基準となる価格が設定されています。

 

前述したように、遺伝子検査では4つの塩基の並び順を解析することになりますが、基本的に解析する塩基1つにつき10円が発生します。

 

当然ながら、検査項目が多いほど解析しなければいけない塩基は増えるため、費用は高くなっていきますが、一般的な遺伝子検査キットの価格は1〜3万円であることが多いです。

 

医療機関での検査を受ける場合、保険適用されることもありますが、約2〜10万円の費用がかかるとされているため、基本的には検査キットの方が安いと言えます。

 

ただし、遺伝子検査の費用は検査項目だけでなく、検査機関で採用している解析方法にも左右されるため、同じ項目を調べられる検査キットが同じような価格帯というわけではありません。

 

また、検査キットの中には、検査結果に応じてアドバイスしてくれるなどアフターフォローが充実しているものも少なくありませんが、アフターフォローが充実している検査キットほど価格が高くなる傾向があります。

 

そのため、遺伝子検査キットを選ぶ際は検査項目だけでなく、アフターフォローの充実度と費用を天秤にかけて自身に合ったものを選択する必要があります。

遺伝子検査キットの比較

現在、遺伝子検査キットを販売しているメーカーは様々あるため、購入を検討する際は各メーカーを比較して、より信頼性の高いメーカーのものを選択することが大切です。

 

まず、当然ながら遺伝子情報というのは非常に重要な個人情報なので、万が一情報漏洩が起こると何に悪用されてしまうか分かりません。

 

そのため、セキュリティ性の高さは検査キットを比較する際の最重要項目のひとつとなりますが、国内での販売実績が豊富なメーカーであれば情報漏洩のリスクは低いと言えるでしょう。

 

また、実際の遺伝子解析が国内で行われているのかも確認しておきましょう。

 

一部のメーカーでは国内で遺伝子解析を行わず、海外企業に委託しているケースがあるのですが、海外での遺伝子解析はどのような水準で実施されているのかが不明です。

 

また、個人情報保護の観点からも、国内で解析を行っているメーカーを選んだ方が良いでしょう。

 

加えて、検査結果のアップデートが定期的に行われているのかも重要な比較項目です。

 

基本的に、遺伝子は一生変わることはありませんが、遺伝子検査の技術は日々進歩しているため、今は分からない項目であっても将来的には分かるようになる可能性があります。

 

そのため、過去に受けた検査の結果であっても、最新の研究データに応じて検査結果をアップデートしてくれるメーカーを選ぶことをおすすめします。

遺伝子検査キットのまとめ

・遺伝子検査とは、アデニン(A)・グアニン(G)・シトシン(C)・チミン(T)の4つの塩基の並び順を解析することで、個人の遺伝的な傾向を調べる検査です。
・現在は、検査技術の向上により調べられる項目は増え、費用も安くなっているため、以前よりも検査を受けるハードルは低くなっていますが、自宅に居ながらにして検査できるキットも数多く販売されています。
・遺伝子検査キットは通販サイトなどで購入でき、自宅で唾液などを採取して検査機関に送るだけで、肥満や薄毛になるリスクや将来発症するリスクのある病気など様々な項目を調べることが可能です。
・一口に検査キットと言ってもその種類は数多くあり、検査できる項目はキットによって異なるため、まずはどのような項目を調べたいのかを明確にする必要があります。
・費用に関しては1〜3万円ほどが相場ですが、基本的には検査項目が多くなるほど価格は高くなります。
・アフターフォローが充実しているキットほど高額なる傾向があるため、費用とアフターフォローの充実度を天秤にかけて自身に合ったものを選択することが大切です。
・検査キットは、情報漏洩のリスクが少ないセキュリティ性の高さや、国内で解析を行っている、検査結果のアップデートを定期的に行っているなども比較項目としながら選ぶようにしましょう。

更新履歴
page top